セブン銀行カードローン審査お金借りれるのはすぐ?電話の在籍確認と審査通過できるところ

セブン銀行カードローン審査お金借りれるのはすぐ?電話の在籍確認と審査通過できるところ

 

世の中には数多くの種類のカードローン商品がありますが、その中でも非常にシンプルで、かつ便利なカードローンがセブン銀行カードローンです。

 

コンビニのセブンイレブンでもおなじみのセブン銀行のローンサービスであることから、知っている人も多いことでしょう。

 

セブン銀行カードローンサービスの大きな魅力の一つは審査時間のはやさと手軽に利用できるという点です。

 

実際にキャッシングを利用するまでの手続きが複雑であると、魅力的な商品であっても利用が面倒になってしまうかもしれません。

 

大手のカードローンの場合には審査時間は最短で30分から40分ほど、1時間から2時間ほど、即日などと会社によっても様々です。

 

できる限り短時間でその日のうちに審査結果を伝えてくれるところが多く見られます。

 

しかしセブン銀行の審査時間は最短で何とたったの10分です。

 

少し休憩している間にも審査が終わってしまうくらいのはやさと言えるでしょう。

 

もちろん最短の時間であるため必ずしも10分で審査が終わるというわけではありません。

 

おおよその場合30分ほど見ておけば審査の結果を教えてもらうことができるでしょう。

 

 

カードローンサービスを利用するのであれば、その銀行の口座を開設しなければならないというところは多いものです。

 

しかしセブン銀行カードローンサービスでは口座の開設と同時に申し込みを行うことができます。

 

わざわざ口座を開設し、そのあとにようやくローンサービスに申し込むというて間もなく一度で済むという点は非常にうれしいポイントと言えます。

 

さらに利用条件も非常にシンプルです。

 

ローンサービスを利用できる条件としてはセブン銀行の預金口座を持っている人、

 

契約時の年齢が満20歳以上満70歳未満であること、審査基準を満たし、かつ保証会社の保証を受けられるという3点になっています。

 

無職の人や収入が不安定な場合には利用できない可能性がありますが、パートなどで自身に収入がある人であれば問題なく申し込みが可能となるでしょう。

 

またカードローンサービスを利用する際に会社への在籍確認の電話が入ることが心配だという人は多いものです。

 

しかしセブン銀行カードローンでは在籍確認が行われません。

 

在籍確認は勤務先に本当に在籍しているかどうかを確かめるため行うもので、カードローンの審査の過程では必ずと言っていいほど行われているものです。

 

担当者が個人名で電話をかけることになるので、キャッシングの利用だとばれることはありません。

 

会社に電話がかかってくることから在籍確認はあまり好きではないという人も多いものです。

 

セブン銀行のホームページを見ると、場合によっては連絡が入ることがあると書かれているため、100パーセント在籍確認の電話がないわけではありません。

 

しかし何の電話もなかったという声が多く聞かれるため、申し込み内容などに不備がない限り、ほとんどの人は電話連絡はないと思っておいてもよいでしょう。

 

限度額は低いものの電話連絡がないのはセブン銀行の大きな特徴です。

 

50万円以下の借り入れを希望する場合にはセブン銀行カードローンは非常にお勧めと言えます。

 

そしてカードローンに申し込みを行う際には、絶対に審査を通過したいとだれもが思うことでしょう。

 

もしも審査落ちしないための秘訣があるのであれば、事前に知っておくことで審査に通過する可能性をあげることができます。

 

まずセブン銀行カードローンを利用できる条件の一つに安定した収入を得ている人ということが挙げられます。

 

その理由としては収入が安定していなければ返済をし続けることができないとみなされることによります。

 

そのため審査においては収入が安定しているかを雇用形態や勤続期間、年収や会社の規模、職業の内容などによって審査されます。

 

この中でも特に注意するべき点は勤続期間です。

 

どれだけ年収が高く、安定性の高い職業に就いていたとしても、転職したばかりで極端に勤続期間が短い場合には、また転職してしまうのではないかと思われ審査落ちしてしまう可能性があります。

 

そして他社からお金を借りていて、その金額や件数が多ければ多いほど、返済できる可能性が低くなるとみなされます。

 

セブン銀行カードローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

 

どれくらいの金額を借りていると落ちてしまうのかという明確な基準はわかりません。

 

おおよその場合年収の3分の1ギリギリの金額までを借りていると審査に落ちる可能性が高くなります。

 

また申し込み内容に虚偽の内容が含まれている場合には審査にも落ちる可能性があります。

 

入力ミス程度であれば申し込みをした後に修正することができます。

 

勤務先の情報や他社への借入情報などに虚偽の情報を記載してしまうと簡単に落ちる可能性が高くなります。

 

信用情報を見れば嘘をついたいるかどうかは一目瞭然であるため、正しい内容を記載するようにしましょう。