横浜銀行カードローン審査厳しい?お金を借入までの流れ

 

 

金利 1.9%−14.6%
横浜銀行の借入限度額 10−1000万
ATM利用手数料無料 ※一部ATMを除きます
来店不要でWEB完結
PC、スマホで24時間申し込み可能

 

横浜銀行

 

 

横浜銀行カードローン審査厳しい?お金を借入までの流れ

 

横浜銀行のカードローンは、ATM利用料無料で10万円から、最大で1千万円までキャッシングできるのが特徴です。

 

神奈川や東京で暮らしていたり、在勤しているという利用条件はありますが、それでも魅力的なサービスなのは確かです。

 

契約はWebで完結することができますし、横浜銀行の普通預金口座を持っていれば、短時間で契約を済ませられます。

 

逆に普通預金口座を持っていなくても、通常申し込みも同じくWebで始めて完結できるようになっています。

 

借入が実現するかどうかは、約3秒の簡単な診断で分かりますから、利用条件を満たしている人であれば、診断を受けて申し込みを検討するチャンスが得られます。

 

月々の返済は2千円から済むので、そういった借りやすさだけでなく、返しやすい部分においても、横浜銀行カードローンの魅力が光ります。

 

しかし、カードローンの契約やキャッシングで一番重要なのは、やはり審査のハードルが厳しいか否かでしょう。

 

この商品は低金利かつ高限度額ですから、一見すると審査が厳しく設定されていると考えされられます。

 

審査のハードルの高さを知る為にはまず、申し込みの基本的な条件を把握したり、実際の利用者の意見を参考にするのが有効です。

 

利用は満20歳以上69歳以下となっているので、年齢的な契約の難しさは低いといえます。

 

大切なのは安定した収入と、返済能力が認められる信用ですから、これらを満たすことができれば、契約したり借りられる可能性は高いと思われます。

 

実際に、利用には安定した収入であったり、その配偶者という条件が設定されていますから、家計を支える収入源が求められます。

 

一方で、パートやアルバイトでも申し込みは可能ですから、少なくとも審査を受けるハードルはあまり高くないと考えられます。

 

学生の契約は不可能ですが、年金収入がある人は審査が受けられるので、収入源さえ確保していればキャッシングを始められる可能性は大です。

 

使い道は事業以外と明言されていますから、何にでも自由に使えると捉えて間違いないです。

 

肝心の審査に関する項目には、横浜銀行が指定する保証会社の保証が受けられる人で、個人情報の取り扱いに同意する人とあります。

 

つまり、この保証会社の審査を受けることができて、審査を通過できれば、横浜銀行カードローンのキャッシングが始められるというわけです。

 

保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスで、審査はプロミスが担当しますから、ハードルは思いの外低い可能性があります。

 

昔の審査の厳しさを知っている人達の間でも、以前に比べて横浜銀行カードローンの審査は厳しくなくなったと評判です。

 

その理由はやはり、独自の基準で審査していた時代とは違い、保証会社に審査を一任することで、難易度に変化が生じたと判断するのが妥当でしょう。

 

審査の受けやすさは口コミにも表れていて、当日から数日以内に結果が出たり、消費者金融並の感覚で契約できたと好評です。

 

全体的な満足度はとても高いですし、契約までのスピードや金利の低さ、サービス内容と借入のハードルを含めて、総合的な評価が高く付けられています。

 

返済の難易度も低いと好評ですから、何処を取っても横浜銀行カードローンには隙がないことが分かります。

 

キャッシングを利用している人達の条件はバラバラで、年収600万円以上の人がいれば、年収400万円未満の人も存在します。

 

ただ、どちらも借入までの期間は最短即日ですから、年収の大小で審査のハードルは上下しないといえるでしょう。

 

むしろ各種の証明書類の提出が不要だったり、思ったよりも便利に借入が始められた、という感想を抱く人が少なくないイメージです。

 

魅力的な横浜銀行カードローンの借入方法は、スマートフォンやパソコンを使って申し込みを行い、審査を受けて結果を待つ流れです。

 

審査は最短即日で完了しますし、これは公式でも明らかにされているので、早ければその日の内に融資が始まります。

 

本格的な契約手続きは、審査の結果が出てから行えますから、必要書類を準備するよりも先に、借入の可否が分かるのが魅力です。

 

申し込みはWebが推奨されていますが、各店舗にあるリーフレット兼申し込み書を受け取って、FAXや郵送でも手続きが始められます。

 

審査に関する書類の情報は、申し込み時に設定した電話番号に対して、SMSでお知らせが送られてきます。

 

審査の段階では、有効期限内かつ有効で氏名や住所に生年月日の記載がある、公的な身分証明書の用意と提出が必要です。

 

運転免許証か健康保険証、もしくはパスポートにマイナンバーカードか在留カードが有効です。

 

50万円以上の借入を場合は、収入を証明する書類の提出も不可欠なので、源泉徴収票か納税証明書、確定申告書や住民税決定通知書のいずれかを用意しましょう。

 

審査結果を受け取ったら、後は本契約に進んで提出や郵送を行い、カードの発行を受ければいよいよ利用の開始となります。